Sovra il sen la man mi posa 「胸は躍る」

I uploaded new music to YouTube. It is “Sovra il sen la man mi posa” taken from “La Sonnambula” by Vincenzo Bellini. This story takes place at the beginning of the 19th century in a Swiss village. The young woman Amina looks forward to her wedding and she expresses her joy in this song. Yuka Simeno – Soprano, Peter von Kogler – Conductor, Moravian Philharmonic Olomouc, Recorded in 2003 in Olomouc.

YouTubeに新しい曲を載せました。V.ベッリーニ作曲 オペラ「夢遊病の女」より「胸は躍る」です。19世紀はじめのスイスの或る村が舞台です。この村に住む若い女性アミーナは、間近に控えた結婚を喜び、その気持ちをこの曲に歌います。示野由佳(ソプラノ)、ペーター フォン コーグラー(指揮)、モラヴィアン フィルハーモニック オロモウツ(オーケストラ)2003年オロモウツ(チェコ)にて録音

An den Mond by F. Schubert F.シューベルト作曲「月に寄す」

New music upload to youtube. If you choose to listen to it, I will be very grateful.

An den Mond Op.57 No3 by Franz Schubert, Poem by Hölty. Recorded 2019 in Vienna.

YouTubeに新しい曲を載せました。もし、お聴きいただけましたら嬉しいです。

フランツ シューベルト作曲「月に寄すOp.57No3」ヒルティ作詞 2019年にウイーンで録音しました

Picture by Yuka Simeno

Summer Concert at Suntory Hall, Tokyo

Casta diva, che inargenti… Ah, bello a me ritorna… – From “Norma” (V. Bellini)

Ah mes amis, quel jour de fête… Pour mon âme… – From “La fille du régiment” (G. Donizetti)

A una fonte afflitto e solo… Nel mirarti un solo istante… Vieni fra questa braccia… -Duet from “I Puritani” (V. Bellini)

Haru no tera – Music by Osamu Shimizu, Lyrics by Saisei Murou

Libiamo ne lieti calici – From “La Traviata” (G. Verdi)

The pieces mentioned above are performed by Yuka Simeno and Dieter Pasching, accompanied by Yuko Kojima

Audience by invitation only

Cavatina of Amina from “La Sonnambula” by V. Bellini アミーナのカヴァティーナ「夢遊病の女」より

I uploaded a new opera aria to Soundcloud. Amina’s cavatina “Come per me… Sovra il sen…” from the opera “La Sonnambula” by V. Bellini. I would be happy if you listened to it. In a Swiss village, the young inhabitant Amina is looking forward to her wedding and sings in joy.

Yuka Simeno Soprano Recorded in the Czech Republic with an Austrian conductor

サウンドクラウドに新しいオペラアリアを載せました。V.ベッリーニ作曲 歌劇「夢遊病の女」より アミーナのカヴァティーナ「今日は私に良い日和… 胸は躍る… 」。スイスの或る村。この村に住んでいる娘アミーナは、結婚を間近にして、その喜びを歌います。

示野由佳 ソプラノ チェコにて録音 指揮者はオーストリア人です

お聴きくださいましたらとても嬉しいです。

Frühlingsstimmenwalzer ワルツ「春の声」

Today I uploaded “Frühlingsstimmenwalzer” by Johann Strauss to YouTube. When I made this recording I was a student at “Operettenlehrgang” at Vienna City Conservatory. Piano is played by the musical director of that study at the time. Leopold Grossmann is a specialist of Viennese music and one can sense his love for Viennese music. I am very happy that I could study that music with him.

YouTubeにヨハン シュトラウスのワルツ「春の声」を発表しました。これを録音した時、私はまだ、ウイーン市立音楽院のオペレッタ専攻科の学生でした。この学科の当時の先生でいらっしゃったレオポルト グロースマン先生がピアノを弾いてくださいました。ウイーン音楽の専門家でいらっしゃいます。勉強を通して、先生のウイーン音楽への深い愛に触れることができたように思います。先生のもとで勉強できたことを大変感謝致しております。

Ne ornerá la bruna chioma 褐色の髪を飾るでしょう

New music upload to youtube: “Ne ornerá la bruna chioma” by Gaetano Donizetti. This is one of my favourite music pieces.

Excerpt from the lyrics: My darling only with the beauty of my love I will fly to you. If you love me I will win against every beauty…

Yuka Simeno: Soprano, Nanako Tsunoda: Piano

From the CD “Lyric Coloratura” (2011)

YouTubeに新しくドニゼッティ作曲の「褐色の髪を飾るでしょう」を発表しました。歌詞の大まかな内容は「…愛しい人よ、私は愛の美のみであなたの胸に飛んで行きます。もしあなたが私を愛してくださるなら、どの美女にも私は勝るでしょう…」。

示野由佳(ソプラノ)、角田奈名子(ピアノ)、CD「リリック コロラテューラ」2011年発売より

Above the link to youtube, below the link to Soundcloud

上からYouTubeに、下からsoundcloudにリンクして聴くことができます。

https://soundcloud.app.goo.gl/cTJR8gRapjA4vJek9

Picture: Painting “Poppies” by Toraji Ishikawa finished by Tsuyuko Hada

絵画は石川寅治の「けしの花」。未完成の作品を羽田露子さんが完成させました。

Kawaranatane 河原菜種

Kawaranatane Music by Shin Kusakawa, Lyrics by Hirosuke Hamada ,Yuka Simeno – Soprano, Hina Oono – Piano/ In Spring on a small island in a river, yellow rape flowers are in beautiful bloom… /河原菜種 草川信作曲、浜田広介作詞、 示野由佳 ソプラノ、大野日菜 ピアノ/ From the CD “Japanese Songs” (2011) CD「日本の歌より」(2011年)より

Song from my hometown 故郷ゆかりの歌

私は高知県の出身です。どんなに遠くにいても、故郷高知のことを忘れません。高知は私を育んでくれたところ。たくさんの出会い、豊かな自然… どんなに私は高知を誇りに思い、高知に感謝していることでしょう。 このところ、今、私が住んでいるウィーンはとても寒い日が続いています。なおさら南国土佐がこいしい!そこで、季節外れではありますが、「よさこい鳴子踊り」をSoundcloudに出しました。クラシック歌手が歌うと、こんな感じですかね….もしよろしかったらお聞きくださいませ。 P.S 「よさこい」は高知が本家本元です!

I am from Kochi (Japan). No matter how far away, I never forget my hometown. Kochi in a way raised me. So many encounters, such plentiful nature… How proud I am of Kochi and how grateful I am! Recently it is quite cold in Vienna, where I now live. Above all I miss Kochi! A little out of season but I uploaded “Yosakoi Naruko Odori (Dance)” to Soundcloud. “Yosakoi Festival” is held in August and this piece of music is performed then. As a classical singer I performed this piece in my own way. I would be happy should you decide to listen to it. P.S. Yosakoi Festival is quite famous and has its origin in Kochi. When dancing this music does not necessarily have to be used.

Sunayama 砂山 Yuka Simeno 示野由佳

Sunayama, Composer: Shinpei Nakayama, Lyrics: Hakushu Kitahara Piano: Hina Oono On the coast of Niigata children are walking home. Goodbye sparrows, goodbye ocean, until tomorrow… From the CD “Thinking of Japan” (2019) 砂山 北原白秋 作詞 、中山晋平 作曲 示野由佳 歌 、大野日菜 ピアノ CD「郷愁」2019年発表より

Very famous Japanese Song. “Sunayama” means literally “sand mountain”. Lyrics written by Hakushu Kithara for children in Niigata in 1922. Short Synopsis: The Sea is wild, the Sun has gone down, stars appear, the wind is strong and everybody parts ways, let’s go home, goodbye sparrows, until tomorrow, goodbye sea, until tomorrow. It is my favourite song. I think the piano part of the right hand is like the waves, sometimes louder, sometimes softer. And between the waves there are short moments of silence. I asked the pianist, Mrs. Oono to express the breathing of the waves and I think she does a terrific job.
「砂山」は私の大好きな歌曲です。私にとってピアノの右手は、波の音のように感じられます。大きな波が来たり、小さな波が来たり… 波と波の間は、ほんの少し何も聞こえない(その時、波は力を溜めている)…   そしてまた、新たな波がやってくる…. 私はこの海の呼吸を表現して欲しい、とピアニストの大野日菜さんにお願いしました。とても良く表現してくださっていると思います。   この詩は、新潟の子供たちのために書かれたそうです。私は新潟にまだ行ったことがありません。きっと、私の故郷、高知の海岸とは違った風景のことでしょう。私がこの曲を歌うときは、いつも、自分の子供の頃のことを思い出します。子供の頃、よく、高知県東部にある安芸市に行きました。父が安芸市の出身で、家があったからです。その家は海にとても近かったです。母と一緒に、よく、海を見に行きました。小さかった私には、海がまるで巨大な怪物のように思えて、こわくてたまりませんでした。母は、そんな私の心をほぐそうと思ったのか、「大波来い」と言わなければ大きな波は来ないから大丈夫だと言いました。そして、海に向かって「大波、こーい!」と叫ぶのです。すると、本当に次の波は大きいような気がして、おもしろいやら、なおさらこわいやら…     それは、 とても懐かしい思い出です。    今でも私は、海辺では、人に憚りながらひっそりと「大波来ーい」とつぶやいてみます。すると、亡くなった母が傍にいるような気がするのです。 下の写真は安芸市の浜で撮ったものです。私は多分、20歳ぐらいでしょうか…   母が撮ってくれたと思います。

Haru no tera Yuka Simeno 春の寺 示野由佳 Temple in Spring

https://soundcloud.com/user-55086352/haru-no-tera-yuka-simeno-temple-in-spring

Yuka Simeno – Soprano 示野由佳 ソプラノ   Hina Oono – Piano 大野日菜 ピアノ     Osamu Shimizu – Composer 清水脩 作曲       Saisei Murou – Lyrics 室生犀星 作詞     Taken from the CD “Japanese Songs” – Journey of the Japanese Heart (2018) CD「日本の心の旅」(2018年発表)より

It is Spring, cherries are blossoming fully. The world is filled with the splendor of life. In the beautiful garden of a Japanese Buddhist temple children are playing quietly. Temple bells are ringing to support and affirm human life.