Already early Summer weather in Vienna すでにウィーンは初夏です

Pole spraying water mist
is active for the first time this year.
通りのミストが今年の初稼働

Today the weather in Vienna got truly warm. Nice weather and up to 28 degrees Celsius! The wind breeze is soft and nice and makes for a cosy day. It is supposed to be like this tomorrow as well and I look forward to it.

 今日のウィーンは暑かったです。とても良いお天気で、気温は28℃にまでなりました!風は穏やかで、心地よい日を過ごすことができました。明日もこんな感じだという予報なので、今から楽しみです。

Arch with plant greens on the street.
How soothing!
通りの緑のアーチ
清々しい憩いの場
Flowers in this flowerbed grow so fast.
ぐんぐん成長する花壇の草花
Renewal construction of Loquaiplatz is progressing.
Some machines of the same nationality as me
are working here diligently.
ロクヴァイ広場の改装も進んでいます。
私と同じ国籍の重機たちが熱心に働いています。

Pictures May 11th 2022 in Vienna

Event 120 years National Council of Women Austria 120年 ナショナル カウンシィル オブ ウィメン オーストリアの催し

Dieter Pasching,
May 7th 2022, at event hall of
“Club der Wiener Musikerinnen”.
ディーター パッシング
2022年5月7日
「ウィーン女流音楽家同好会」の催しにて

Yesterday there was a jubilee event of 120 years “National Council of Women Austria” at “Club der Wiener Musikerinnen”. My husband and I are members of “Club der Wiener Musikerinnen”. That is a club for Vienna women musicians originally founded in 1886 by Rosa Lutz. Today this club is a member organisation of the National Council of Women Austria and therefore the jubilee event was held here. When we hear the name of this club, one might think it is for women only but men participating is not a problem at all. Mostly members deepen their knowledge or play music for the existence of women musicians and to intensify their feeling of independence is deemed important. The current president Eleonore Hauer-Rona asked my husband to read some words of greeting as well as some excerpts from historic transcripts of speeches. I think it was an event where the Club’s slogan “Women and men together” was indeed a good fit.

 昨日は、「ウィーン女流音楽家同好会」にて、「ナショナル カウンシィル オブ ウィメン オーストリア」創立120周年記念祝賀会が開かれました。夫と私はこの「ウィーン女流音楽家同好会」の会員です。2019年5月11日に更新した私のブログ内に、この会について書いた新聞記事(私のエッセイ)を載せております。会についての詳しいことは、そちらをご覧くださいませ。1886年に元となる会が、ブラームスの女性のお弟子さんによって創立されました。そして、現在は「ナショナル カウンシィル オブ ウィメン オーストリア」に属しています。そのため、創立120年の祝賀会を「ウィーン女流音楽家同好会」でも行ったというわけです。

 「ウィーン女流音楽家同好会」では、「女性と男性が協力し合う」ことをスローガンとしています。そのことから、現在の会長エレオノーレ ハウワー・ ローナ女史の依頼で、私の夫がこの祝賀会で、挨拶の文章や、過去の歴史的演説内容などを朗読することになりました。「女性と男性が協力し合う」ということが活きた、良い催しだったと思います。

Pictures by Yuka Simeno, May 7th 2022 in Vienna

Yuka Simeno’s handmade Doll of the Month May 2022 示野由佳の今月の手作り人形2022年5月

She always dresses chic, mostly in black and goes for walks with her small black dog. She is a mysteriously elegant lady, people often see her but nobody knows who she is. That is why people call them “Donna Nera and Nero”. In the beautiful month of May we will often see Donna Nera and Nero resting on the lawn. (Sold)

 シックな装いの謎めいた貴婦人。黒っぽい服装で、黒い小さな犬と散歩をしているのをよく見かけますが、一体誰なのか知る人はいません。いつしか人は彼らを「ドンナ ネーラとネーロ」と呼ぶようになりました。美しい季節5月。ドンナ ネーラとネーロが芝生の上でくつろいでいるのをよく見かけるようになることでしょう。(売)

Picture by Yuka Simeno

Art object in front of Haus des Meeres Vienna ウィーンの「海の家」前の新しいオブジェ

There is a new art object at Fritz-Grünbaum-Platz in the 6th district of Vienna. That is a small square in front of Haus des Meeres (Aquarium). The object is made of wood, was designed by Bianca Gamser and is called “Still Frieden (Still Peace)”. In order to talk about it, one has to first talk about Haus des Meeres. As I have mentioned, across the street from this object is Haus des Meeres.

That building was originally not an aquarium from the beginning but rather an anti aircraft cannon tower of Nazi Germany during the Second World War. The war ended but unfortunately this building could not easily be demolished because of its extraordinary material strength. Therefore it began to be used as an aquarium. In 1991 the uppermost part of the external wall was painted with a design by the American artist Lawrence Weiner showing the words “Smashed to pieces – In the still of the night”. 2019 because there was a new restaurant constructed on the roof, it was decided to change the words on the fassade.

Now we return to the art object by Bianca Gamser. Her object reminds us of Lawrence Weiner’s words. Not visible from the outside, one has to enter in order to see those words. On the uppermost parts of the inside walls these words can be seen as a mirror image. Standing inside the object is basically the same as standing inside Haus des Meeres. Since the words were written outside on the fassade, inside the object it becomes a mirror image. That means the wood surrounds the building and makes an impression from the outside. You can think of it like a stamp. I think that it is quite purposeful and carries multi faceted meaning. The object will be on display until June 26th 2022.

 ウィーン6区のフリッツ グリューンバウム広場に新しいオブジェが建ちました。「Haus des Meeres 海の家(水族館)」のすぐ前の小さな広場です。この木製のオブジェはビアンカ ガムザー女史(Bianca Gamser)の作品で、「Still Frieden(静 平和)」という題です。この作品について語る前に、すぐ前に建つ「海の家」について書かねばなりません。

 この建物は初めから水族館であったのではなく、元は第二次世界大戦中に、敵の爆撃機を攻撃するために、ナチスドイツ軍が建てたものです。大戦は終わりましたが、この建物はあまりにも頑丈に造られていたため、撤去が不可能となったのです。そのため、水族館として再使用されているのです。1991年に、この外壁の上部に、アメリカの芸術家ロレンス ワイナー氏(Lawrence Weiner) によって、”Smashed to pieces – In the still of the night(粉々に叩き壊された – 夜の静けさの中に)”という文章が記されました。しかし、2019年、最上階にレストランが開業した際、この文章は他の言葉に変えられたのです。

 さて、ここでビアンカ ガムザー女史のオブジェに話を戻しましょう。彼女のオブジェは、私達にロレンス ワイナー氏の文章を思い出させるものとなっています。外からではなく、内側からワイナー氏の言葉を見ることができるのです。オブジェの中に入ると、上部にこの言葉が鏡に映ったように記されています。オブジェの中に立つと、「海の家」の中にいることになります。ですから、外壁に記された文章を内側から見るということになり、鏡に映ったように逆さなのです。つまり、個々の木材は、外側から建物を取り囲んでいるということです。ハンコを思い浮かべることもできるでしょう。とても意義のある、幾重にも深い作品だと思います。2022年6月26日までの展示だそうです。

Entrance to the object.
オブジェの入り口
Sign next to the entrance.
入り口横にあるインフォメーション
Looking out of the entrance from the inside.
中に入り振り返った時の景観
Looking up from inside
中から上を見上げる
Haus des Meeres behind the trees.
木々の向こうが「海の家」
Haus des Meeres seen from
Mariahilferstrasse (Nelkengasse).
マリアヒルフ通り(ネルケン通り)
から見た「海の家」
Sign at Fritz-Grünbaum-Platz.
The writing says that he was a popular comedian
and a victim of the Holocaust.
Kabarett in German speaking countries
is like standup Comedy.
Always his art of humour, satire, irony, etc.
is held in high regard.
That such a popular person
had to perish under such inhumane cirumstances
breaks my heart.
「フリッツ グリューンバウム広場」の看板。
下の看板には、フリッツ グリューンバウムがコメディアンで、
ホロコーストの犠牲者であったことが記されています。
コメディは、いつの時代も、
そのユーモアや風刺や皮肉などによって、
重要な役割をもつ芸術のひとつ。
ウィーンの人々の人気者だったコメディアンが、
非人間的な扱いの中、亡くなったことを思うと、
胸が張り裂けそうになります。

Pictures by Yuka Simeno, April 2022 in Vienna.

Typical April weather in Vienna ウィーンの4月らしいお天気

Glorious Cherry tree in full bloom.
満開の八重桜

Here in Vienna the weather is constantly changing right now. One day itis quite beautiful, rainy the next day and the temperature also has significant swings. That should not be considered unusual however because there is a saying here in Austria that April weather is very unstable. Only recently there have been unusual weather patterns maybe due to climate change and it has not been as the common saying states. I should actually be happy that this April has typical weather patterns. When I cannot adapt to the changes, I want to listen to the Beatles song “Rain” in my head. “Rain, I don’t mind. Shine, the weather’s fine…”.

 最近のウィーンのお天気はとても変わりやすいです。良いお天気と思っていたら、次の日は雨降り。気温の上がり下がりも激しいです。しかし、これは実は珍しいことではないのです。昔からオーストリアでは、4月のお天気は気まぐれと言われているからです。ただ、最近は異常気象が多いので、通常がどのようであるのか分からなくなっていました。4月らしいお天気を喜びたいです。変わりやすいお天気についていけなくなったら、ビートルズの「レイン」を頭の中で鳴らしてやり過ごそうと思います。

Seating benches at Museumsquartier
have turned orange this season.
美術館エリア(MQ)のベンチが
いつの間にかオレンジ色になってました
New sign at construction site of Loquaiplatz
depicting how the park will look once finished.
I look forward to the completion.
工事中のロクヴァイ公園に新しく看板が立てられました。
改装後のイメージの絵を見ることができます。
完成が待ち遠しいです。

Pictures by Yuka Simeno. April 2022 in Vienna.

Spring at Burggarten 王宮庭園の春

Sweet buds of Peony
可愛い蕾

Yesterday in Vienna it was quite beautiful weather. Daytime maximum was just over 20 degrees Celsius and the sun was shining brightly. After a long time I went for a walk to Burggarten and it was already in full Spring season.

 昨日、ウィーンはとても良いお天気でした。最高気温は20度を上回り、日差しも強かったです。久しぶりに王宮庭園を訪ねると、そこはもう、春に溢れていました。

Bees coming to the open blossoms and working diligently.
開いた花の中で蜂が熱心に働いています。
People relaxing.
リラックスする人々
Juicy young greens.
滴るような新緑
A large tree provides cozy shade.
心地よい日陰は大きな木の賜物です
Beautiful flowers in a flowerbed.
花壇の美しい花

Pictures by Yuka Simeno, April 14th 2022 in Vienna

Maybe the last Spring for “Loquaiplatz” もしかしたら最後の「ロクヴァイ広場」の春

Now the Magnolias at Loquaiplatz are in full bloom.
ロクヴァイ広場の木蓮が満開です
Sign at one entrance to Loquaiplatz.
ロクヴァイ公園の入り口の立て札

Yesterday I wrote that Loquaipark in the 6th district of Vienna is now being renewed. After writing yesterday’s post I read on the internet that not only is the park space being renewed but also the name might possibly be changed. As shown in the picture above, the square including the park is named after Ferdinand Loquai, who was the head of the 6th district. However because of his antisemitic past, there are people arguing that a public space in Vienna should not carry his name. Therefore right now this matter is being discussed and the name of this square might possibly changed or alternatively the name remains but with a sign clearly stating his antisemitic past.

 昨日、ウィーン6区のロクヴァイ公園が改装工事中であることを書きました。その後、インターネットで、ここは改装だけでなく、名称も変わる可能性があることを知りました。上の写真の立て札の通り、ここは、かつての6区の区長フェルディナント ロクヴァイに因んで名付けられています。ところが、ロクヴァイは反ユダヤ主義者だったことから、その人の名前を地名にするのは好ましくない、という意見があるのだそうです。そのため、現在、他の名称に変えるか、あるいはロクヴァイの名を残す場合、立て札等に、彼が反ユダヤ主義者だったことを記すようにするか、のいずれかで検討中とのことです。

Directly at Loquaiplatz there used to be a Synagogue.
It is written on this commemorative plaque
that the Synagogue was destroyed during
“Reichskristallnacht” November 10th, 1938.
ロクヴァイ広場のすぐ前の建物の側面。
ここには、かつてシナゴーグがあり、
1938年11月10日の「ライヒスクリスタルの夜」に
破壊されたと記されています
On the opposite side of the building
seen in the picture above, there is a streetlight.
When it is dark, looking up from standing directly underneath,
a star of David shines its light.
前の写真の建物の別の側面前に立つ街灯。
夜、真下から見上げると、
闇の中にダヴィデの星が輝きます。
Walking around in Vienna,
quite often one can find those small squares on the street.
Each metal square features names and dates of their lives.
They are Jewish victims of the Second World War.
Those people used to live at the location
of those metal squares and were deported.
I always am mindful and for their honour
take great care not to step on those squares.
ウィーンの街を歩くと、
しばしば地面にこのような小さな四角い碑を見かけます。
それぞれの碑に名前と、
その方の生存していた期間が記されています。
この方々は、第二次世界大戦中、
それぞれの名前の刻まれている場所の付近に住んでいて、
強制連行され、命を落とされたユダヤ人です。
私はその方々の尊厳のため、
上を歩かないように気を付けています。

Pictures by Yuka Simeno, April 9th, 2022 in Vienna.

Loquai park being renewed ロクヴァイ公園が新しくなります

The park at Loquaiplatz in the 6th district in Vienna is now closed for renewal works. I heard that soon this space would be renewed and apparently now it has started. Very often I passed by when talking a walk and since I knew many bushes and trees, it is kind of sad to say goodbye to some of them. Buddhism teaches us that everything is in constant change. I should look forward to this park reopening in new splendor. In order to not let the loss of those disappeared plants to be in vain, we thank them and wish for it to become a beautful park.

 ウィーン6区のロクヴァイ広場の公園が工事中です。改装されるということは聞いていましたが、いよいよ着工となりました。私はここをよく通るので、生えている木々や灌木をいつも見てきました。改装にともない、それらのいくつかとはお別れとなりました。「諸行無常」なのだと思い、新しくなった公園に望みを持ちたいです。なくなってしまった植物に感謝し、それらの命の損失が無駄にならない、素敵な公園になりますように、と思います。

Pictures by Yuka Simeno, April 8th 2022 in Vienna

Getting better 良くなりつつあるお天気

Today’s weather was the opposite of yesterday, it was quite nice weather. The temperature was still a little cold but it is supposed to get warmer every day. The paused Spring can finally resume.

 今日は昨日と打って変わって良いお天気。気温はまだ低いですが、日に日に暖かくなっていくという予報です。中断された春が、続きを始めることができます。

This tree was full of white blossoms until recently.
Now it is full of green having emerged.
この木には、ついこの間まで白い花が溢れていました。
今は新緑を纏っています。

Pictures April 4th 2022 in Vienna.