Compulsory registration in gastronomy in Vienna ウィーンの飲食店における個人情報記入

Starting today, because of the coronavirus, in Vienna there is now a compulsory registration for all customers of gastronomy. This does not apply to take out items. Name, telephone number and/or email address has to be registered by the establishment on a paper form. A friend of mine told me that such a system is already in place in Germany and many people provided false names. She told me that she will not provide her email address because she wishes not to receive any future advertisements. My husband does not want to register and therefore he says we should always do take out. Today we went to get some coffee and sweets from Starbucks as take out. Even though it had rained a little before, we sat outside somewhere on a bench on a street nearby eating and drinking. I would like to value and protect my private information.

今日から、コロナの対策として、ウィーンの全ての飲食店で、客は自分の個人情報を記入しなくてはならなくなりました。テイクアウトする場合はその義務はありません。氏名と電話番号かメールアドレスなどを、飲食店で渡される用紙に書き込んで提出しなければなりません。私の友人が言うのには、ドイツでもすでにこのような対策がとられているが、嘘の情報を書き込む人がいるということだし、彼女自身は、もし宣伝や広告などがくると煩わしいので、メールアドレスは書かないそうです。私の主人も、個人情報を記載することに抵抗があるので、テイクアウトだけする、と言ってます。今日、スターバックスで、コーヒーとケーキを買い、テイクアウトしました。近くの道端のベンチにふたりで腰掛けていただきました。少し前まで雨が降っていたので、まだベンチは濡れていましたが、気になるほどではありませんでした。個人情報は大切にしたい、と私も思います。

Finally it is working! ついに稼働!

The device I mentioned in a previous post was finally active today! This is more than mist however, almost like a gentle shower. One can really cool down, fantastic!

先日、このブログに載せました機械が、ついに稼働しました!しかし、これはミストというより、柔らかな霧雨のようです。とてもよく涼めます。すごい!

Pictures by Dieter Pasching and Yuka Simeno, June 2020 On Mariahilfer Strasse in Vienna

“Fuyō” or “Mukuge”? 「芙蓉」か「むくげ」か?

The part closest to Mariahilferstrasse of Otto Bauergasse in the 6th district in Vienna was renovated a couple of months ago. The border between sidewalk and street was removed and the street is now all flat and paved with new stones. This makes the steet appear broader. There are new flowerbeds . Since the advent of Spring, many different plants can be enjoyed. In the flowerbeds trees have also been planted. They are quite slim and look young. It was hard to identify what kind of trees they are. Some now carry blossoms as in the picture above. I know this blossom, I suppose they are from Asia.

There are two different kinds that carry quite similar flowers but they are different after all. One is called “Fuyō” and the other is called “Mukuge”. In Japan in my garden there is a “Mukuge” tree. My mother loved plants and so she had this tree planted in our garden. But she used to call this tree “Fuyō”. Always in summer when this tree carried big soft bright purple blossoms, then my mother said “Oh how beautiful the blossoms of Fuyō are!”. Recently my gardener said that it is “Mukuge”. My mother passed away without knowing it was in fact “Mukuge”. It does not really matter because this tree gave her great joy.

When I see the blossoms of the trees in Otto Bauergasse my thoughts fly to my garden in Japan. Does my “Mukuge “carry blossoms too now? And I think of my mother…

ウィーン6区の、オットー バウアー通りの、マリアヒルファー通りに近い部分は、少し前に改装されました。歩道と車道の境がなく、平になり、新しい石も敷かれました。道が広くなったように見えます。新しい花壇もできました。春が訪れてから、いろんな花が次々と咲き、目を楽しませてくれています。花壇の中には木も植えられました。細くて、まだ若い木のようです。いくつかの木が、上の写真のように花を付けました。この花、私、知ってます。東洋の木だと思います。

このような花を付ける二つの違った種類の木があります。ひとつは「芙蓉」、もうひとつは「むくげ」です。日本の我が家の庭には「むくげ」の木があります。母は草木が大好きで、この木も庭に植えました。しかし、母はこの木のことを「芙蓉」だと思っていたのです。夏に、この木が大きくてやわらかな薄紫の花を付けると、「芙蓉の花のきれいなこと!」と言ってました。最近になって、庭師さんから「むくげ」であることを聞きました。母は、この木が実は「むくげ」であることを知らないまま亡くなったのです。しかし、あんなに母が喜んでいたのだから、どちらでも構わないだろうという気がします。

オットー バウアー通りの木を見ると、私の想いは日本の我が家の庭に飛んでいきます。もう「むくげ」は咲いたでしょうか?そして母のことを想います…

Picture by Yuka Simeno, June 2020 in Vienna

Gradus ad Parnassum グラドゥス アド パルナッスム

Due to coronavirus related travel restrictions I still cannot go to Italy to my voice teacher. But I still have the previous recordings of my lessons with her and so I can nevertheless learn a lot. At home I kept trying to understand those lessons and kept trying over and over again. I have noticed that recently I can sing the way I want to express myself. I am so happy and want to continue on this path. I give thanks to my voice teacher and look forward to seeing her again soon.

Classical singing, which I am specialising in, truly is a precious art. Everyone can sing somehow but there is only one right way to master this art. That can only be studied with a good teacher. I can say that everything that I have experienced, also with all previous teachers, has supported my path. I am very grateful for that. My path is not straight, there have been many detours and obstacles but I want to believe that all of it has value. In the future I would like to convey the best and most correct to others through my experiences.

When I was a juniorhigh school pupil , I studied piano siries “Children’s corner” by Claude Debussy. The title of the first piece is “Gradus ad Parnassum” and my piano teacher commended me for playing this piece very well, which made me very happy. I heard that this title “Gradus ad Parnassum” means a difficult path which has to be followed anyway. I find it amusing that Debussy chose this title for the first piece in “Children’s corner”. I grew from this children’s corner and now have reached an age when I can look back at the path to Parnassus but I am still continuing on it.

コロナウィルス対策の規制により、私はいまだにイタリアの声楽の師匠のところに行けません。しかし、これまでのレッスンの録音を聴いて勉強をしています。先生のご指導くださることを、録音から理解しようと、何度も繰り返し、自宅で試みます。そして、最近になって、やっと、自分がしたい表現ができるようになってきたことに気がつきました。とても嬉しいです。この調子で、さらに頑張ろうという気持ちでいっぱいです。先生への感謝の気持ちがこみ上げ、お目にかかれる日が待ち遠しいです。

私が専門としているクラシックの声楽は、とても貴重な芸術です。誰でもなんとなく歌うことはできますが、この声楽という芸術を修得するためには、ただひとつの正しい道のみがあるかのようです。そしてそれは、良い先生から学ぶことができるのです。私の進んでいる道は、経験してきたこと、これまでの全ての先生方のご教授、その他全てのおかげで歩んでこれたのだと思います。感謝の気持ちが湧きあがります。私の道は、曲がりくねっていたり、障害があったりですが、全ては価値のあることと思います。将来、私はこの経験から、他の方々に、より良く、より正しいことを伝えられるようになりたいです。

中学生の頃、ドビュッシー作曲のピアノ組曲「子供の領分」を習いました。第1曲目は「グラドゥス アド パルナッスム」という題名で、ピアノの先生が非常に上手に弾けている、と褒めてくださったことがとても嬉しかったです。この「グラドゥス アド パルナッスム」は、通らねばならない難しい道を示している、と聞きました。ドビュッシーが「子供の領分」の第1曲にこの題名を選んだことを、とても面白く思います。私は、「子供の領分」から育ち、「グラドゥス アド パルナッスム」を振り返ることのできる年齢になりましたが、今も変わらずその道を歩んでいます。

Picture by Yuka Simeno, June 2020 in Vienna

Cat’s ears 猫の耳

Cats are very cute. Even when they are naughty, I find them cute. I love all about cats! Especially the ears are one of my preferred parts of cats. They are thin and when I lightly pinch them, I feel happy. Cats mostly let me do that without problems. We talk to cats and we think they are listening but I heard that cats can choose what to hear. That may be because we think they are listening to us when in fact they are listening to something else or just ignoring us. You never know!

I think this applies to humans as well. When during my education at university I had to teach at a high school, the class teacher I was assigned to said “the pupils only hear what they want to hear”. For example if there is a trip planned for the next day they like that information but in other cases they don’t remember at all what had been said. Therefore when I have something important to say, I should repeat it several times. I found that interesting and so when once I spoke about important information I wanted to check whether the pupils were really paying attention. I told one pupil to repeat what I had said but she could not and so it really is better to repeat the message several times. This does not only apply to pupils but to adults as well. I have experienced similar situations many times in life. If one wants to really make others understand something important, it is better to repeat that message several times.

I cannot complain about others, I am the same. I sometimes notice that I too am not really paying attention to other people and that my mind sometimes wanders… This may be due to a lack of concentration ability. In this respect I have a somewhat unpleasant memory. When I was a child my father taught me at home, also during the holidays. I am grateful that he so diligently wanted to teach me things, but his explanations were very long and quite repetitive. Therefore I developed a method of seeming to listen and sometimes reply “Yes, yes”. In my head however I heard the music I wanted to hear or thought about things I would have liked to do at that moment. This method was successful but I noticed that I have some difficulty with concentration. When I had to do something with concentration, my mind wandered and other thoughts came to my mind. I cannot blame everything on my father’s lectures but I suspect one factor of it lies there. I started to do concentration exercises sometimes and now I am doing much better.

But the cat ear method of choosing what to hear is not always bad. For example if my flight is delayed and around me there is much noise, I can sink into my thoughts or let music flow inside my head. And I think “I now have cat’s ears”, which gives a funny happy feeling.

猫って本当にかわいいですね。かわいくない時もかわいい。私は猫の全てが大好きです。特に、耳は、猫の体の中で好きな部分のひとつです。薄いお耳を軽くそっと指でつまんだら、最高の気分!猫にとって、こんなふうに耳を触られるのは問題ないようです。私の話も聞いてくれているように思いますが、そうとは限らず、猫は自分の聞きたいことだけを聞く能力があるそうなのです。聞いてると思っていても、実は他のことを聞いていたり、私たちを無視していることだってあるわけです。猫が実際に今、何を聞いているかは、猫のみぞ知る、ということでしょうか。

こういうことは、人間でもあると思います。教育実習に行った時、受け持たされたクラスの担任の先生が「この子たちは自分たちの聞きたいことしか聞かん」とおっしゃっていました。例えば、明日の遠足の話は聞いているのに、他のことは記憶に残っていない。だから、重要なことを伝える場合は、何度も繰り返し言いなさい、とのこと。試しに私は1回だけ伝達事項を言い、生徒をひとり指名して、今聞いたことを言うように促しましたが、全く覚えていませんでした。やっぱり、繰り返して言い、聞かせないといけないようです。しかし、こういうことは生徒に限らず、大人でもよくあることです。似たような経験を、今まで何度もしてきました。何か重要なことを伝えたい時は、幾度か繰り返し言うのが無難なようです。

他人の批判ばかりするわけにはいきません。私だって同じことです。時々、人の話を聞かねばならないのに、ぼんやり他のことを考えていることがあります。集中力の欠如かもしれません。これには、あまり嬉しくない思い出があります。子供の頃、よく、父が家の中で私に勉強を教えてくれました。休みの日もつきっきりで教えてくれることがありました。そのことに私はとても感謝していますが、父の説明は大変長く、同じことを何度も繰り返すのです。そのため、私は聞くふりをして、時々「はい、はい」と答える技術を身につけてしまいました。頭の中で、好きな音楽を聴いたり、素敵なことを想像したりするのです。このやり方はとても効果的でしたが、集中力には悪い影響があることに私は気が付きました。集中しないといけない時に、私の頭の中に別のことが浮かぶのです。父の授業のせいばかりにしてはいけませんが、少なからずの原因がここにありそうに思います。しかし、集中力のトレーニングをするようになり、大分改善されてきました。

しかしながら、聞きたいことを聞く「猫の耳」も、悪くないと思う時があります。例えば、待っている飛行機が遅れに遅れ、搭乗時刻が引き延ばされている時など。周りに人がたくさんいても、どんなに騒がしくても、自分の考えたいことを考えたり、好きな音楽を頭の中で流したりできるのですから。そんな時、私は「猫の耳になってるな」と思い、クスッと可笑しくなるのです。

Picture by Yuka Simeno, “Ear of my darling” 2020 in Vienna

Moon or clouds? 月か雲か?

Moon over Grinzing
グリンツィングの月

When I was very young, I was walking on the street with a friend on a windy night. I noticed that the moon in the sky was moving quickly. I was fascinated and said to my friend “Look, the moon is moving so fast!”. Then my friend said “No, the clouds are moving fast”. That is correct of course, the moon never moves so quickly that it would be visible. I felt quite embarrassed.

I think that such optical confusions exist sometimes. For example, when the train I am travelling on is stopping at the station and there is another train in the opposite direction starts moving, I get the sensation that my train is moving as well. Have you had such experiences?

I think that I am not able to face away from the direction of travel on trains or buses. I have heard however, that this is a deception of my eyes because the outside scenery is coming from behind and is moving to the front which my eyes find uncomfortable. It is said that when one closes the eyes, one cannot exactly sense the direction of movement. I tried it and I think it could be true.

I find the diference between visible and actual things very interesting. When I experience such a thing, I try to enjoy it.

まだ小さかった頃、とても風の強い夜道を知人と歩いていた時のこと。月がとても速く動いているように思い、私は声をあげました。「見て見て!月がすごく速く動いてる!」すると知人は「雲が速く動いているのよ」と言いました。その通り。月が目に見えるほど速く動くことはありません。私はとても恥ずかしかったです。

このような見間違いはよくあるように思います。例えば、自分が乗っている汽車が駅で停車していて、隣にも停車している汽車がある場合。自分の汽車が動き出したと思っていたら、実はそうではなく、隣の汽車が出発していた、というようなこと。ご経験ありませんか?

また、私は汽車やバスで、進行方向に背を向けた座席は苦手だと思っています。しかし、実際は、窓の外の景色が、私の背後から動くことから、そのような気持ちになるのだ、と聞きました。もし、目を閉じて乗り物に乗ったら、体はどちらの方向に動いているか判断できないのだそうです。私も目を閉じて試してみましたが、どうもこれは正しいようだと思いました。

このような、見えることと実際の違いなどは、とても興味深いように思います。楽しみながら体験したいと思っています。

Picture by Yuka Simeno, in Vienna

Like a mermaid 人魚のように

During dinner I like to watch TV. Recently I noticed that TV programs almost always feature shows with criminal contents. I can say that I am in fact a cautiously fearful person and even cannot stand seeing my own blood and when I get an injection I turn my head to the other side crunching my teeth. If I am directly affected by something, even a small injection, often I am able to react. Such a self can watch dead people while having dinner. Since when have I become such a cold hearted person? Do I no longer feel other people’s pain? Then I remembered a scene from a film.

In this film the main character is a mermaid turned human. She watches TV for the first time. She just saw a tragic scene in a film and she is shocked, shows a lot of compassion and starts crying. Her human friend, a man, calms and consoles her by explaining that this violence on TV was not real and in fact just acted.

Nowadays we are overwhelmed by films, TV shows, etc. depicting accidents, violence, and many dead people in everyday life. Also because of the news, the internet, etc. every day we are touched by reports about accidents, violent crimes, etc. I think if we have too close contact with tragedy then over time we lose human feelings such as fear or compassion. This aspect should be considered in the development and production of media so that it does not become too overwhelming.

Of course watching dramas, films, art, etc. enriches our lives and it is good to be informed about the world. Nevertheless I think those who offer and those who receive, like the mermaid having just become human, should not lose our naive and natural hearts and compassion.

私は、よく、テレヴィを見ながら夕食を摂ります。最近、その際、ほとんどいつも犯罪に関する番組が放映されていることに気が付きました。私は本来、とても臆病だと思っています。自分の血すら直視したくありませんし、注射される時も、別の方を向き、歯をくいしばっています。自分の身に何か起こった時は、ちっちゃな注射でさえ耐え難いと感じることができます。その私が死体を見ながら食事を摂っているのです。いつから私はこんなに冷血になったのでしょう?他の痛みも分からない人間になってしまったのでしょうか?ふと、私は、昔見た映画の一場面を思い出しました。

それは、人間になった人魚の映画でした。彼女は生まれて初めてテレヴィを観ています。映画か何かだったのでしょう、悲劇的な内容にショックを受け、同情し、泣いてしまいます。それを見た人間の友達が、これは本当のことではない、お芝居である、と説明して彼女をなぐさめます。

今日では、映画やテレヴィなどで、事故や暴力や死などの場面を見ることが日常茶飯事です。また、テレヴィなどの報道やインターネットから、私たちは事故や殺人など、恐ろしい情報に、日々、触れています。これらの悲劇的なことに触れすぎると、次第に恐怖や思いやりなどの人間らしい感覚が薄れてしまうように思います。この点、過剰にならないように制作や企画の際、十分に配慮することが望まれます。

映画やテレヴィは私たちの心を豊かにしてくれますし、ニュースなどの情報は知るべきです。しかし、提供する側も、受ける側も、人間になったばかりの人魚のような心の純粋さや思いやりを忘れてはならないと思います。

Picture by Yuka Simeo, April 2020 in Vienna

Trashcans in the city of Vienna ウィーンの街中のゴミ箱

Ducks as well as humans facing the sun and relaxing.
鴨も人も太陽に顔を向けてリラックス

Vienna is a beautiful city. There are so many historic buildings, monuments and also many different styles of architecture such as Baroque, Biedermeier, Jugendstil, etc. In the city there are also nice parks with lots of green. Those people who like taking pictures will surely be happy about this. Personally I do not overly enjoy taking pictures but because there are so many beautiful and interesting things exist in Vienna, I get strong motivation to take pictures with my smartphone camera. Thereby the duration of my walks gets much longer than originally planned. Since Vienna has so much to offer, everyone can easily find their own personal favourite photo object. I noticed however that it is indeed difficult to avoid trashcans being in the picture! I have to say that there are really many many trashcans in Vienna. That may be one reason why the city stays so clean and I must think about those people attending to those trashcans doing a very good job and so I get a feeling of gratitude. It may be a difficult to completely avoid having a trashcan in the picture but I think it should remain like this.

In my homecountry Japan on the other hand there are very few trashcans on the street. When I am in Japan I find it unfamiliar in this respect. Also my Austrian husband sometimes complains that one must make an effort to look for a trashcan. That does not mean Japanese streets are dirty. I believe there are roughly two reasons for the limited number of trashcans on the street. First, because of terrorism. I think like this because of an Austrian friend’s opinion. Shortly after the gas attack in the Tokyo subway she visited a friend in Tokyo. Together with that friend she went to an open air festival and had some street food takeaway. Then they found nowhere to put the trash and carried it around all the time. That Japanese friend of hers noticed the decreased number of trashcans. After that terror attack it was meant to prevent dangerous substances from being hidden there. Second, strict separation of garbage. Nowadays in many countries garbage is separated for recycling such as plastic, paper, metal, etc. and this is a sensible thing to do. Also in Japan there are rules how to separate garbage and this is good. Since the introduction of strict rules the disposal of household waste has become quite complicated. There are specific weekdays for specific items starting in the early morning until about 8:30 AM and the waste has to be put in a special place in the neighbourhood. Incombustibles and incompatible waste can only be disposed of once a month. If you sleep too long you cannot throw out the garbage! Also people like us who cannot return home for a long time have to make a plan when to throw out the last trash because there must not be anything left when we leave. This is one thing that makes a stay in Japan more difficult every time. I suppose not only for myself but any people think it is strenuous or they missed the deadline and so they started throwing away their household trash in public places. Maybe to avoid this, many public trashcans were removed.

Eevery country has its own system of waste disposal. I think each country should try to diminish pollution of the environment as much as possible. Personally in Austia I have less stress in disposing of my waste which is quite agreeable to me.

ウィーンは美しい街です。歴史的建造物や記念碑や、バロック、ビーダーマイヤー、ユーゲントスティールなど、様々な様式の建物も多いですし、緑溢れる公園もあります。写真を撮るのが好きな人には嬉しい街だと思います。私は特に写真の趣味はありませんが、街があまりにも美しく、興味を惹かれるものに溢れているものだから、ついついスマートフォンのカメラで撮っておきたくなります。そのため、私の散歩はいつも予定時間を延長してしまいます。ウィーンは、誰でもお気に入りの写真スポットを簡単に見つけることができる街だと言えるでしょう。しかし、ゴミ箱なしの写真を撮るのはとても難しいんですよ!ウィーンの街には非常にたくさんのゴミ箱があると言っても過言ではないでしょう。そのおかげで、ウィーンの街が清潔できれいな状態を保っているのですね。しかし、このすごい数のゴミ箱を管理し、清掃する方々のお仕事は大変だと思います。感謝の気持ちが湧き上がり、頭が下がります。ゴミ箱なしの写真を撮ることが難しいとはいえ、この形式は崩すべきではないでしょう。

それに比べて、日本では、路上のゴミ箱の数は非常に少ないと思います。ゴミ箱の多いウィーンに慣れている私は困惑することがよくあります。オーストリア人の私の夫もしかりです。しかし、日本の街が汚いというのではありません。ゴミ箱が少ない理由は大きくみてふたつあると思います。ひとつはテロ防止のため。これは私のオーストリア人の友人の証言に基づいています。彼女は、あの地下鉄サリン事件のすぐ後、東京の友達を訪ねました。ふたりでお祭りに行き、屋台で買ったものを食べ歩きしましたが、その後のゴミを捨てるのに大変困ったそうです。東京の友達も、ゴミ箱があったはずなのになくなっている、と言って困惑していたとのこと。二人ともずっとゴミを持ったままだったそうです。テロの後、中に危険物を隠したりすることを防ぐため、たくさんのゴミ箱が撤去されたものと思われます。ふたつ目は、家庭のゴミを捨てさせないためではないでしょうか。分けるのがめんどい、とか、出し忘れたという理由で、街の中にあるゴミ箱に家庭で出たゴミを捨てることが多くなったのだと思います。私は、長い間、家を空ける前は本当に大変で、いつゴミを最後に捨てることができるかを考慮して、日本滞在を計画しています。

どの国も、それぞれのゴミ廃棄システムがあります。環境汚染をできるだけ少なくすることは非常に大切です。私としては、オーストリアではゴミのことで頭を悩ませることが少なく、自分に向いていると思います。

Picture by Yuka Simeno, June 2020 in Vienna

Awakening back to normality in Vienna 戻りつつあるウィーンの日常

Finally those seating things are here.
Museumsquartier is a popular culture and meeting spot in Vienna.
やっとこの椅子が戻ってきました
ここMQはウィーンの文化と憩いのスポットです
Colourful flowers announcing the arrival of summer.
あざやかな色の花が初夏の訪れを告げているようです
Time to relax in Volksgarten.
フォルクスガルテンでの憩いのひととき

Thinking of others 他のことを考える

Dieses Bild hat ein leeres Alt-Attribut. Der Dateiname ist IMG_4273-1-scaled.jpg

I like to laugh. When I was younger, I even more often liked to laugh and once I started it was difficult to stop.

I used to take the bus to go to highschool. One day I saw something funny through the window. I do not remember what it was but I could not prevent myself from laughing. My laughter was quite loud and my friend sitting next to me, not having seen what was funny to me, was quite surprised by it. At the next red light when the bus stopped, the driver came to me and told me to stop laughing. Shortly after I noticed that in front near the driver there was a disabed person who was making body movements due to some illness. I suppose this person could not control himself and therefore moved around a lot. I understood that the driver thought that I was laughing at that person.

I was very depressed and at home I told my father about it. Then he told me that in public there are many different people. Maybe someone just lost a family member, lost money, etc. There are many different people in many different situations. Therefore one should think of others and avoid doing exaggerated actions or too loud conversations, etc. I understood well and since then I make an effort to be careful about that.

Nowadays because of the spreading of the internet, some people want to do things and also involve others in it in order to post it on the internet. Maybe this person did not have bad intentions. Of course it is wonderful to live happily and with joy. But one should respect that there are people who cannot take part in it. Only being happy and joyful is not necessarily helpful in all situations and for all people.

私は笑うことが好きです。もっと若かった頃は、すぐに可笑しくなって、一度笑い始めると止めるのが難しいほどでした。

高校生の頃、バス通学をしていました。ある日、バスの窓から見た外での何かがとても可笑しくて、笑いをこらえることができなくなりました。何がそんなに可笑しかったのか、今では思い出すことができませんが、あんまり私が笑いころげるものだから、隣に座っていた友達も唖然とするほどでした。すると、次の赤信号でバスが停止した時、運転手さんが後方の私の座席まできて、そんなに笑ってはいけない、と注意されました。私はしばらく、何故怒られたのだろう、と不思議にすら思っていました。しばらくして、最前列の、運転手さんの斜め後ろの席にいる方が、時々不自然に体を大きく動かしていることに気が付きました。よくわかりませんが、神経が思うように動かせないようなご病気を患っていらっしゃったのではないかと思います。多分、運転手さんは、私がこの方のことを笑っていると思われたのでしょう。それがわかってから私はとても落ち込んでしまいました。

家に帰ってからもずっと落ち込んでいたので、たまらなくなり、父に相談しました。私がこの出来事を話すと、父は、世の中には、いろんな人がいる、悲しい気持ちの人、楽しい気持ちの人、様々である、例えば、家族を亡くしたばかりの人もいるかもしれないし、全財産を失って困っている人もいるかもしれない、だから他の人のことを考えて、公共の場では、自分の感情に任せて大きな声をあげたり、行動したりすることは慎まねばならない、というようなことを言いました。私はそれを聞いて、大変反省し、これからは気を付けよう、と肝に念じました。

今日ではインターネットの普及などのため、いろんな人がいろんな映像を簡単に公表しています。他人を巻き込んでの面白い映像もたくさんあります。しかし、いろんな人がいるのですから、気をつかうことも大切と思います。面白い、楽しいだけでは片付かない問題や状況を抱えた人もいるのですから。

Picture by Yuka Simeno, May 2020 in Vienna