I found the first chestnuts this year! 今年初めてのカスタニエの実見つけました!

At Esterhazypark under a chestnut tree.
エスターハージィー公園のカスタニエの木の下で

It has gotten much cooler here in Vienna. Going out, a jacket is necessary now. Already under chestnut trees I can find fallen nuts. Every year it is a great pleasure for me to collect some of those, I like to take them home, use them as table decoration and look at them. They provide pleasure for some days.

ここ、ウィーンは、すでにずいぶん気温が低くなりました。外出には上着が必要です。カスタニエの木の辺りでは、はや、落ちている実を見つけることができます。私は、毎年、この実を集めるのを大きな楽しみとしています。そして、家に持って帰り、机の上に置いて眺めるのがとても好きです。数日間は楽しむことができます。

Picture September 19 in Vienna

Progress of renovations at Loquaiplatz 進むロクヴァイ広場の工事

Renovations at Loquaiplatz are progressing. Flowerbeds are already covered with white pebblestones. Yesterday those flowers and weeds were not fully planted and like a magic trick today a beautiful flowerbed appeared.

 ロクヴァイ広場の工事が進んでいます。花壇にすでに白い砂利が敷き詰められました。前日はまだ草花が植えられている途中だったのに、魔法がかけられたかのように、今日はもう、素敵な花壇になっていました。

Picture one day earlier.
Plants and weeds are newly planted
but not yet covered with pebblestones.
1日前の写真。
草花が植えられている途中のようです。
Flowerbed nearby.
It has gotten much cooler.
Soon we have to say goodbye to these flowers.
近くの花壇。
もう随分肌寒くなりました。
このお花ともお別れの時が近くなりました。

Pictures by Yuka Simeno

Hollow house? 空っぽの家?

The windows do not show reflections.
Rather one can actually look inside
and see the hollow space behind.
窓は向かい側を反映しているのではありません。
窓から見えているのは向こう側です。

When I recently walked along the shopping street Mariahilferstrasse, I noticed something. I thought I saw light shining through the facade of a building. When I moved closer to take a look, it became obvious that behind the facade was a hollow space and brightness from the other side was visible. Looking up one can even see the blue sky through the windows! This building has only the facade and a shop on the ground floor, otherwise it is completely hollow! Will this building be reconstructed without disturbing the shop activity? Or is it because of “Denkmalschutz”? “Denkmalschutz” means that important cultural heritage monuments, buildings, etc. must not be demolished and are protected by law against this. Maybe this facade is protected by “Denkmalschutz” and therefore only the facade and shop are left and the rest of it was demolished to be rebuilt?

 先日、ウィーンの買い物の目抜き通りの一つとして有名なマリアヒルフ通り(Mariahilferstrasse)を歩いていた時、ふと、あることに気付きました。ある建物の外壁の隙間から光が見えているのです。近寄ってよく見てみると、外壁の向こうはカラになっていて、向こうの明るさが見えているのでした。見上げると、窓の向こうは青い空!この建物は、外壁と一階にあるお店以外、中身がすっからかん、空っぽのようなんです!お店の営業を妨げないで建て直すためでしょうか?それとも「デンクマールシュッツ(Denkmalschutz)」だからでしょうか?「デンクマールシュッツ」とは、重要な文化遺産、記念碑、建造物、等で、法的に破壊が禁止され、護られているもののことです。もしかしたらこの外壁が「デンクマールシュッツ」なのかも知れません。そのため、外壁と、お店だけそのままに置いて、他の部分を建て替えるのでしょうか?

Picture by Yuka Simeno, August 20th 2022 in Vienna.

Bitter memory of Vanilla ヴァニラの苦い想い出

This is called “Topfencreme Vanilla flavour”.
It is a cold sweet available at supermarkets in Austria.
In this picture black dots of Vanilla are clearly visible.
上の写真は「ヴァニラ味トプフェンクリーム」です。
これは冷たい甘い物で、
オーストリアのスーパーで買えます。
ヴァニラの粒がよく見えます。

When I was a child, my family often visited my father’s birthhouse, located in Aki city, a small town about 80km East of Kochi city. Since my father came from a rather large family, there were often Buddhist memorial services for ancestors or weddings. Therefore many relatives often gathered in that house. A great pleasure was that many relatives’ children about my age also came. Back then we children all lived in Kochi city, which is the principal city of that prefecture and also for us it was quite attractive to enjoy the small town atmosphere. Especially the Pacific Ocean was so appealing, it could be reached from the house in about 10 Minutes and also from the first floor the blue horizon was visible. Kochi city is also located near the ocean but not as close and people without cars feel it to be quite far away. For small children, the coastline was often a destination for school trips by bus. That is why the time in Aki with the ocean in about a 10 Minute walking distance was like a dream.

One day all of us got some pocket money and were told to go for a walk by ourselves and since it was Summer we could get ice cream as well. We were very happy and went towards the ocean. Close to the coast we found a very small shop which had a freezer in front of it. This house was simple, made from wood and very small. We decided to buy ice cream there and each one got one cup of Vanilla ice cream. Walking on, we wanted to eat that ice cream but one of us shouted “Stop! There is mold on it”. Therefore we all looked at our cups of ice cream and all of us found black dots in the white cream. The child who originally alerted us to that fact said “All cups have those black dots. It is mold. We must not eat it!”. And so we discarded our cups in a trash bin on the street. Back then I did not think it was a pity but rather I was shocked and happy that one of us had noticed it.

Much later one day I again found “mold” as black dots on Vanilla ice cream. I had eaten Vanilla ice cream so many times but that day my previous memory was awakened again. I got scared and told my mother about moldy Vanilla ice cream with black dots. She then told me the unexpected words “Yuka, those black dots are real Vanilla”. I was really shocked and could not understand what that was supposed to mean. Until I had finally seen someone on TV extracting the marrow from a Vanilla pod, it took again a long time. Not knowing truly is a pity. That small shop in Aki in fact sold real Vanilla ice cream! Now I find it a pity and I regret throwing my Ice cream cup away that day…

 子供の頃、よく、父の生家を訪ねました。その家は、高知市より東に約80キロメーター離れた安芸市にありました。父は親戚が多く、法事や結婚式などでこの家によく集まっていたのです。何より嬉しかったのは、私と同世代の親戚の子供達もたくさん来たことです。皆、高知市内に住んでいたので、小さな町の雰囲気を楽しめることがとても嬉しかったです。何と言っても、太平洋がすぐ側で、歩いて10分程でしたし、家の2階から青い水平線も見渡すこともできました。高知市も海沿いですが、中心部からは車がなくては海岸まで行けない距離なのです。学校でも、バスで行く遠足で海岸が目的地であることがよくありました。ですから、安芸の家から歩いて10分で海に行けるということは、まるで夢のようでした。

 或る夏の日、アイスクリームでも買いなさいと、少しばかりのお小遣いと共に、私達子供は散歩に送り出されました。皆大喜びで、海に行くことにしました。海岸の近くで、アイスクリームの冷凍庫が店先にあるのを見かけました。それは簡単な木造のとても小さな店でした。私達はここでアイスクリームを買うことに決め、各々ヴァニラアイスを1カップずつ購入しました。歩きながら食べようと思ったのですが、突然一人の子供が「いかん!カビが生えちゅう(生えている)!」と叫んだのです。それで、皆それぞれのカップを見てみると、どれにも白いアイスクリームに黒い点々が幾つもついているではありませんか!最初に叫んだ子が、「この黒い点々はカビや!食べたらいかん!」と言うので、皆、道端のゴミ箱にアイスクリームをカップごと捨てました。私は、勿体無いとは微塵にも思わず、よく気付いてくれたと、命拾いをしたような安堵の気持ちでいっぱいでした。

 それから幾度となくヴァニラアイスクリームを食べた私ですが、ある日突然、黒い点々があることに気がつきました。そしてあの小さかった頃の安芸での体験を思い出し、恐怖に包まれたのです。それで母に、アイスクリームに黒い点々がついて腐っている、と告げました。すると母は思いもよらぬ言葉を口にしたのです。「由佳ちゃん、その点々はヴァニラぞね(ヴァニラです)。」私は本当にびっくり仰天して、何のことかわからず困惑するばかりでした。ヴァニラを鞘からナイフで取り出しているのをテレヴィで見たのは、それからずっと後のことです。知らないというのは本当に悲しいことです。あの安芸の小さな店は、本物のヴァニラアイスクリームを売っていたのに!今となって残念に思い、捨ててしまったことが悔やまれます・・・

Picture by Yuka Simeno

Days of remembering our ancestors お盆

In Buddhism, now are the days of remembering our ancestors and the deceased. This time is called “Obon”. I, too, from Vienna give lots of thought towards my ancestors with my hands folded together saying “Namu Amida Butsu”.

I think of my ancestors as far back as I can remember, like my grandfather and grandmothers and also those ancestors I never got to meet in person. Especially strong is my memory of my mother, she always was such a positive influence on me and she was my idol and aspiration. How much I love her! I think as a child that was very fortunate. There are also those people without contact to their mothers or having a bad relationship with them. Sadly my mother passed away in 2011 but my memories of her are still so clear and present.

It is so interesting, recently I am surprised how similar my talkníng voice is to my mother’s. Not always but sometimes I really think that way. Also when I am at home in Japan picking up the phone, sometimes the callers were surprised saying “Is that really you, Yuka? Your voice is so similar to your mother’s and I thought she might be alive again”. I also noticed that my cough is similar to hers. Genetics is interesting.

 お盆ですね。私もウィーンで先祖を想いながら合掌して、南無阿弥陀仏と唱えます。

 記憶にある先祖、祖父や祖母たちや、そして、会ったことのない遠い先祖まで想いを巡らせます。そして、いかに母との結びつきが強かったか、改めて感じます。母は私の理想の人で、憧れでもあります。私は本当に母が大好きです。このように思えるということは、子供としてとても幸運ではないでしょうか。世の中には母親との結びつきがあまり強くない方や、母親を知らない方もいらっしゃるのです。悲しいことに、私の母は2011年に亡くなりました。

 面白いと思うのは、最近よく気がつくのですが、私の話し声が母に似ているということです。いつもというのではなく、あっ、似てる、と思うことがしばしばあるのです。日本に帰っている時、自宅の電話を取ると、かけてきた人が「あら、由佳さん?お母さんにそっくり!お母さんが生き返ったかと思った。」と驚くことが何度かありました。また、私の咳の仕方は母にそっくりだと、よく思います。遺伝は面白いところに出てくるのですね。

Picture by Dieter Pasching, July 2018 at Mito Kairakuen.

Summer view of an exit at Westbahnhof Vienna 或る夏の日のウィーン西駅出入り口の風景

Every day here in Vienna it is hot. The picture above shows one exit at Westbahnhof Vienna (West station Vienna). Some years ago this square was renovated into some kind of Piazza and people like to rest here. By the way I believe those cats are not stray cats. I presume the owner is the city of Vienna. They used to be in another location on Mariahilferstrasse but because of Subway construction (U2) they were forced to relocate. Besides cats on Mariahilferstrasse there are also rabbit and frog figures. They are cute decorations on the street and people can even sit on them. Especially children enoy them. I think it is a popular and good idea.

 暑い日が続いているウイーン。上の写真は、ウィーン西駅のひとつの出入り口を写したものです。ここは数年前改装され、人々が憩う広場のようになりました。ところで、あの猫は野良ではありません。ウィーン市が飼い主ではないかと思います。前はマリアヒルフ通りの別の場所にいたのですが、地下鉄工事の関係で、ここに引っ越してきました。マリアヒルフ通りには、他にもカエル、ウサギが住んでいます。可愛いし、腰掛けることもできます。子供たちにも大人気です。とても親しめる、良いアイデアだと思います。

Picture by Yuka Simeno, July 2022 in Vienna

Thinking of Sour cherries ぐいみへの想い

Red is sour cherry sorbet,
the other is blood orange with cumin and chili.
赤がぐいみのシャーベット。
他はウコンとチリ入りブラッドオレンジシャーベット。

Here in Vienna it is quite hot every day, daytime maximums are above 30 degrees Celsius almost every day. When it is that hot, people like to eat something cold. That is why I decided to go to an ice cream shop near my place. It is a small shop selling interesting selfmade creations. Unfortunately this year I have noticed many prices of ice cream going up and this shop is no exception. However due to the uniqueness of those creations it serves as a delicacy to be enjoyed rarely and that makes it even more precious. At this shop I found a never before seen beautiful red colour type. It was the rare type Weichsel (Sour cherry/Vistula). I instantly decided to get this flavour.

In my house’s garden in Kochi,Japan there is an old sour cherry tree. It is very old and thin now but a long time ago it was gorgeous and during rainy season bore many beautful fruits. Ever since I was a small child, I witnessed this tree’s growth. My sour cherry tree does not grow tall but stays rather low with widespread branches. Every year I crawled under it and picked many fruits. Those fruits were such beautiful red, glittered almost like jewels to my eyes and it was almost a shame to eat them. Those fruits however could not be described fully as “tastes good” because they had a bitter aftertaste. After sweet pleasure one felt the mouth contracting and had to overcome that sensation. My mother also said one should not eat too many because it may not be good for digestion. Nevertheless for us that tree was very special and positive, because my grandfather (mother’s side) had bought it.

My grandfather (mother’s side) died when I was about three years old and so unfortunately I have almost no memories with him. I heard many stories about him from my mother. According to her I understood he was a great romantic, art lover and especially loved his family. Being entirely self-taught he could play piano, violin, flute and Japanese flute! He also wrote many poems (Haiku) in Japanese style. My mother told me about so many memories how much he had loved me. Sadly I cannot remember exactly but vaguely warmly I still feel that love.

I heard the sour cherry tree in my garden in Kochi was originally brought by my grandfather and so “Weichsel” (sour cherry) is special. When I see or eat “Weichsel” I always feel my soul being filled with consolation and I feel my grandfather’s aura. That “Weichsel” sorbet was so delicious with a natural taste. Its sweet and sour cold was a wonderful refreshment to me being out of breath because of the heat. I felt my grandfather happily watching me with a smile on his face.

*ウィーンは暑い日が続いています。ほぼ毎日、最高気温が30度Cを越えています。こう暑いと、冷たいものが欲しくなります。それで、近所のアイスクリーム屋さんに行くことにしました。そこは小さなお店で、独自のアイスクリームやシャーベットを製造、販売しています。悲しいことに、今年からアイスクリーム屋さんが値上げをしているのが目につき、ここも例外ではありません。しかし、このお店においては、その独自性のため、あまり頻繁に口にすることのできない貴重な贅沢食品として、更に格が高くなったような感じさえします。今回は、これまであまり見たことのない美しい赤のシャーベットが目に付きました。Weichsel(ヴァイクセル)と表記されています。珍しい、ぐみ(高知では「ぐいみ」と呼ぶ人がいる)のシャーベットです。私は早速、これを食べてみることにしました。

*高知の私の家の庭に、一本のぐいみの木があります。もう随分のご老体で、すっかり痩せてしまいました。しかし、昔はとても立派に茂っていて、梅雨の頃にはたくさん実をつけました。私は、小さな頃からこの木を見ているので、共に育ったような感じです。木は、あまり高くならず、横に拡がっていき、毎年、私は下からもぐり込むようにして入り、実を採っていました。輝く赤い美しい実は、私の目にはまるで宝石のようで、食べるのがもったいなかったです。しかし、 この実は手放しで「美味しい」とは言えないと思います。なぜなら、渋い後味が残るからです。甘い喜びの後に口を窄めてしまいます。また、母は、お腹にあまり良くないから、たくさん食べないように、と注意してくれていました。しかしながら、私たちにとってこの木は、とても大切で喜ばしいのでした。なぜなら、祖父(母の父)が買ってきた木だからです。

*祖父(母の父)は、私が3歳の頃亡くなりました。私はまだとても小さかったので、残念ながらあまり祖父の記憶はありません。しかし、母はたくさん祖父の話をしてくれました。それによると、祖父は大変なロマンティストで、芸術と、そして自分の家族をこよなく愛していました。独学でピアノ、ヴァイオリン、フルート、日本の横笛などを演奏することができたそうです!また、俳句もたくさん書き残しています。よく母は、どれほど祖父が私を可愛がり、大切にしてくれたか、いろんな思い出を話し聞かせてくれました。残念ながら私ははっきり思い出すことができないけれども、淡く暖かくその愛を今も感じます。

*高知の私の庭のぐいみの木は、祖父が買ってきた木。だからとても大切な特別な木。ぐいみの木や実には、私を慰め、見護ってくれるような、祖父の存在を感じさせられます。ぐいみのシャーベットは、自然な美味しさに溢れる逸品でした。甘酸っぱい冷たさが、暑さに喘ぐ私に染み入るようでした。そして、祖父が微笑みながら嬉しそうに私を眺めているように感じました。

Pictures by Yuka Simeno, July 2022 in Vienna

Hot again in Vienna また暑くなったウィーン

Since a few days ago it has gotten quite hot again in Vienna. Daytime maximums are constantly above 30 degrees Celsius. I thought that if it is so hot, I should enjoy it and so I dared to go for a walk.

 数日前からまたウイーンは暑くなりました。毎日、最高気温が30℃を越えています。どうせ暑いのならそれを楽しもうと思い、少し散歩に出かけました。

Way to Mariahilfer church.
マリアヒルフ教会への道
In front of Mariahilfer church.
Carrot juice vendor.
In the background outdoor covid test station is visible.
Up to 5 PCR tests and 5 antigen tests per person
and month can be made for free in Austria
(some exceptions apply).
マリアヒルフ教会の前。
人参ジュースの屋台が出ています。
向こうに見えるのは屋外コロナテスト会場。
オーストリアでは、1ヶ月に一人、
PCRテスト5回、抗原テスト5回まで
無料で受けられます(場合によって例外あり)。
Cool down break at a supermarket.
Fresh flowers give me vitality.
涼しいスーパーマーケット内で一休み。
新しく入荷したいきいきとした花に
活力をもらいました。

Pictures by Yuka Simeno (except the first one), July 22nd 2022 in Vienna.

Cherries from Styria シュタイヤマルクの桜桃

Now is cherry season in Austria. Please look at the picture abvove. Are they not gorgeous? Those are cherries from Styria, one of the southern provinces of Austria. At a supermarket in Vienna

, they are sold in a large plastic bag and the customer has to put them on the scales to know the exact weight and price. These have a weight of 1162 grams and cost 6.96 Euro. Fortunately I had a 25% discount coupon and so I could buy them at a much cheaper price. For Japanese people this weight and price is extremely astounding. At home I immediately tasted a few, they are firm, juicy and sweet! I can savour this delicacy for many days in a row.

 今、オーストリアは桜桃の季節です。上の写真をご覧ください。素晴らしいじゃありませんか?これはオーストリア南部の州、シュタイヤマルクの桜桃です。或るウィーンのスーパーマーケットで、ビニールの袋にざっくりと入れた状態で販売されており、客が店内の量りで計ってを値段を知ることができます。上のは1162グラムで、6ユーロ96セント(約980円)でした。丁度、私は25パーセントディスカウントのクーポンを持っていたので、それを使い、大変安く買うことができました。日本人には信じられない値段です。家に帰って早速、幾つか味見をしてみました。厚い果肉で、果汁が豊富、それに甘い!何日にも渡ってこの美味しさを味わうことができるでしょう。

Picture by Yuka Simeno, July 18th 2022 in Vienna.